ツールバーの使い方
-Layout編-

■概要

unity_beginner_0057
unity_beginner_0057
ツールバーの右端にある「Layout」ボタンを使用するとレイアウトを変更することができます。
レイアウト変更で対象となるのはSceneView、GameView、HierarchyView、
InspectorView、ProjectViewです。
Unityが用意しているレイアウトの種類は「2by3」「4Split」「Default」
「Tall」「Wide」の5種類があります。
また、自分で作ったオリジナルのレイアウトを保存することができます。

■2by3

unity_beginner_0058
unity_beginner_0058

■4Split

unity_beginner_0059
unity_beginner_0059

■Default

unity_beginner_0060
unity_beginner_0060

■Tall

unity_beginner_0061
unity_beginner_0061

■Wide

unity_beginner_0062
unity_beginner_0062

■SaveLayout

自分で使いやすいレイアウトを作ったら、「SaveLayout」を使用して
レイアウトを保存することができます。

●保存の手順
	①.SaveLayoutを選択
		レイアウトを作成したらLayoutのリストにある「SaveLayout...」を選択します。

		unity_beginner_0065
		unity_beginner_0065

	②.名前を付ける
		「SaveLayout...」を選択したら新しいウィンドウが表示されるので
		そこでレイアウトの名前を付けます。

		unity_beginner_0063
		unity_beginner_0063

	③.保存完了
		無事保存ができたらLayoutのリストに追加されるので、
		いつでも変更することが可能になります。

		unity_beginner_0064
		unity_beginner_0064

■DeleteLayout

オリジナルで作成したレイアウトの数が増えたり、気に入らなかった場合は
「DeleteLayout」レイアウトを削除することもできます。

●手順
	①.DeleteLayoutを選択
		Layoutのリストにある「DeleteLayout...」を選択します。

		unity_beginner_0066
		unity_beginner_0066

	②.消したいレイアウトを選択
		「DeleteLayout...」を選択したら今あるレイアウトをリストアップした
		新しいウィンドウが表示されます。
		その中から消したいレイアウトを選択すると削除完了です。

		unity_beginner_0067
		unity_beginner_0067

●オリジナルも消せる
	DeleteLayoutはオリジナルレイアウトも消すことが可能です。

	unity_beginner_0068
	unity_beginner_0068

●注意点
	オリジナルのレイアウトを削除した場合、元に戻すことはできないので注意してください。
	Ctrl + Zなどのやり直し機能もききません。

■RevertFactorySettings

レイアウトを増やしすぎたり、オリジナルのレイアウトを消してしまった場合は
「RevertFactorySettings」で初期状態に戻すことができます。

●手順
	①.RevertFactorySettingsを選択
		Layoutのリストにある「RevertFactorySettings...」を選択します。

		unity_beginner_0069
		unity_beginner_0069

	②.初期化する
		「RevertFactorySettings...」を選択したら今あるレイアウトを
		リストアップした新しいウィンドウが表示されるので「Continue」を選択します。

		unity_beginner_0070
		unity_beginner_0070

		選択したら無事初期化が完了します。

		unity_beginner_0071
		unity_beginner_0071