座標の基本

概要

座標とはゲームなどでキャラクターなどを表示するための画面上の位置情報のことです。
絵を表示するアプリは全て、座標を使用して絵の表示位置を決めています。
座標は複数の座標軸が交差した位置を原点として位置を設定することで決まります。

座標軸

座標軸とは座標を決めるための基準となる直線のことです。 2つの直線が直角に交わると平面(2D)、3つの直線が直角に交わると 空間(3D)の座標を表現することが可能となります。 math_0034 math_0034

原点

原点とは座標を決めるための基準点のことです。 この点を基準として様々なモノの位置が決まります。 DirectXを使用した2Dゲームではウィンドウの左上、 3Dゲームでは3D空間の中心が原点、Scratchは画面の中心が 原点として扱われており、原点の定義は各アプリ毎に異なります。 math_0035 math_0035

座標の正と負

座標には「正と負」があります。 これは原点からみてX軸なら右か左か、 Y軸なら上か、下か、Z軸なら奥か手前かで正負が決まります。 math_0037 math_0037 ただ、どちらが正か負かは使用しているアプリやエンジンによって 異なるので注意して下さい。 math_0036 math_0036 座標 座標は原点からの距離で数値されます。 例えば原点からX方向に5、Y方向に2とした場合 以下の絵のような位置になります。 math_0038 math_0038