リモートリポジトリをクローンする

概要

GitHubでクローンをする仕方を紹介します。

クローン

クローンとはリポジトリのコピーを取得することができる機能です。
リモートリポジトリの内容をローカルの環境で使用する場合などで使用します。

git_0027
git_0027

GitHub側

GitHubでは、まずはクローンしたいリポジトリのページ画面に移動します。
画面構成はリポジトリ内にコミットがあるかどうかで画面が異なりますが、
クローンのやり方はそこまで変わりません。

コミット無し

コミット無しの画面ではClone用のURLが画面内に最初から表示されているので、
URLをコピーします。
※URLの右側のボタンをクリックするとそれでコピーが完了します。

git_0019
git_0019

コミット有り

コミット有り画面では「Clone or download」ボタンをクリックします。

git_0015
git_0015

クリックするとURLが表示されるので、そのURLをコピーします。
※URLの右側のボタンをクリックするとそれでコピーが完了します。

git_0016
git_0016

HTTPS or SSH切り替え

GitHubのクローンURLはHTTPSとSSHがあり、切り替えることが可能です。

コミット無し

コミット無しの場合、URLの左にHTTPSとSSHを切り替えるボタンがあります。

git_0020
git_0020

コミット有り

コミット有りの場合、URLの右上に切り替えるためのボタンがあります。

git_0017
git_0017

SourceTree側

URLのコピーが完了したらSourceTreeでリモートリポジトリをクローンします。
「Clone」ボタンがあるのでそこをクリックするとクローン画面に移動します。

git_0021
git_0021

クローン設定

クローン画面では「URL指定」「保存先のパス指定」「名前」の指定を行います。

git_0023
git_0023

①.URL指定

URL指定ではGitHubからコピーしたURLを指定します。
指定後、保存先のパスなどに入力カーソルを移動させると、URLの調査が行われます。
この調査結果で正常なGitのURLかどうかを判断してくれます。

git_0024
git_0024

②.保存先のパス指定

URLを指定するとSourceTreeが自動的にクローンを行うフォルダを指定してくれるので、
フォルダ指定を1から行う必要はありません。
自分の希望する場所にクローンを行いたい場合は右にある参照ボタンをクリックすると
場所の指定を行うことが可能です。

③.名前

この名前はSourceTree上でのローカルリポジトリの名前で、URL指定と同時に
リモートと同じ名前で設定が行われますが、別名をつけることも可能です。

クローン実行

項目が埋まったら一番下にあるクローンボタンを押すと
指定したリポジトリが複製されます。

git_0025
git_0025

クローン完了

これでGitHubからSourceTreeを使ったクローン完了です。
BitBucketやGitLabでもGitHubからの流れと変わりません。

git_0026
git_0026