コンポーネント

■概要

コンポーネントとはゲームオブジェクトに追加する部品のことです。
数多くの種類が存在し、それらを組み合わせることで、
様々なゲームの状況に合わせたオリジナルのゲームオブジェクトを作ることができます。

unity_0086

■コンポーネントの追加方法

コンポーネントの追加はUnityのInspector上で行うか
スクリプトから動的に追加が可能です。

●Inspectorからの追加
	Inspectorのコンポーネントリストの一番下にある
	「Add Component」をクリックすることで、
	追加可能なコンポーネントのリストが表示されます。
	そこから必要なコンポーネントを選択すれば追加完了です。

	unity_0087

●スクリプトからの追加
	スクリプトからの追加はgameObjectにあるAddComponent関数を使用します。

	書式例1:
		関数名:
			AddComponent<T>

		戻り値:
			作成したコンポーネントのオブジェクト

		引数:
				なし

		内容:
			<T>に指定した型のオブジェクトをゲームオブジェクトに追加する

		具体例:
			// BoxColliderを追加
			BoxCollider boxcollider = gameObject.AddComponent<BoxCollider>();

	書式例2:
		関数名:
			AddComponent

		戻り値:
			作成したコンポーネントのオブジェクト

		引数:
			Type component_type
				コンポーネントの種類

		内容:
			引数に指定したコンポーネントをゲームオブジェクトに追加する

		具体例:
			// BoxColliderを追加
			BoxCollider boxcollider = gameObject.AddComponent(typeof(BoxCollider)) 
										as BoxCollider;

■コンポーネントの削除方法

コンポーネントの削除もUnityのInspector上で行うか
スクリプトから動的に削除するかになります。

●Inspectorからの削除
	Inspectorからの削除は各コンポーネントの右上にある
	「歯車」アイコンをクリックします。
	表示されたメニュー内にある「Remove Component」をクリックすると
	Inspector上からコンポーネントが削除されます。

	unity_0088

	・スクリプトからの削除
		スクリプトの削除は「Destroy」関数使用します。
		Destroyに削除したいコンポーネントを指定します。

		書式例1:
			関数名:
				Destory

			戻り値:
				なし

			引数:
				Object obj:
					削除したいコンポーネント

			内容:
				引数に指定したコンポーネントが削除される

			具体例:
				Destory(collider);

		書式例2:
			関数名:
				Destory

			戻り値:
				なし

			引数:
				Object obj
					削除したいコンポーネント

				float delay_time
					削除遅延時間(秒)

			内容:
				引数に指定したコンポーネントを
				遅延時間が経過した後に削除する