時計アプリ作成

■事前準備

新規プロジェクト「ClockApply」をEmptyActivityで作成します。
Projectウィンドウのres/layout/activity_main.xmlをクリックしてXMLを表示し、
Hello WorldのTextViewタグを削除します。

以下のリンクからテスト用の背景をダウンロードして
プロジェクトのdrawableに追加して下さい。
テスト用背景画像
設定ボタン画像

■実装予定仕様

●時計表示
	以下の内容のいずれかで時計を表示
		アナログ時計
		デジタル時計
		アナログ、デジタル両方

●背景表示
	背景画像を表示
	切り替え可能

●設定ボタン
	設定項目表示用ボタンの作成

●設定項目
	・時計の表示方法切り替え
	・背景の切り替え
	・アラームの設定

●アラーム機能
	アラームの再生(予定)

■UIの実装

①.UI追加画面表示
	Projectウィンドウのres/layout/activity_main.xmlをクリックをクリックします。
	EditorウィンドウにXMLが表示されている場合、ウィンドウの下に
	「Design」「Text」のタグがあるので、「Design」のタグをクリックする
	mb_0037

②.背景画像追加
	2-1.ImageView配置
		画像はPaletteツール => Widgets => ImageViewを選択し、
		Android画面をクリックすることで配置可能です。

	2-2.Image設定
		ImageViewに画像の設定はPropertiesのsrcで行えます。
			
	2-3.サイズ設定
		背景は全面に設定する必要がありますが、
		もし、全面になっていない場合、PropertiesのscaleTypeを「fitXY」にして下さい。

	mb_0051

③.時計追加
	3-1.アナログ時計追加
		アナログ時計はPlette => Date&Time => AnalogClockを選択し、
		Android画面をクリックすることで配置可能です。

	3-2.デジタル時計追加
		デジタル時計はPlette => Date&Time => TextClockを選択し、
		Android画面をクリックすることで配置可能です。
		※DigitalClockの項目がありますが、廃止予定とされているので、
		 TextClockで配置して下さい。

	3-3.デジタル時計のサイズ変更
		デジタル時計のサイズ変更はPropertiesのtextSizeで行えます。

	mb_0052

④.ボタン追加
	4-1.ボタン追加
		ボタンは画像を使用するのでPlette => Date&Time => ImageButtonを選択し、
		Android画面をクリックすることで配置可能です。

	4-2.ボタン画像設定
		ボタン画像はPropertiesのsrcで設定ができます。

	4-3.画像サイズ設定
		画像とボタンのサイズが一致していなかったら
		PropertiesのtextSizeに変更して下さい。

	mb_0053