分岐

■バージョン

	2.0

■条件分岐

現実では様々な状況によって行動を変えることがあります。
例えば信号機が青の場合は進み、赤の場合は止まるなどです。

scratch_0033

プログラムでも状況によって命令を変えたいと考えることが多々あります。
ゲームならプレイヤーが停止中は立っている絵を表示し、
移動したら歩いていたり、走っている絵に変更する、
プレイヤーが敵を倒したら、敵を画面から消すなどです。

scratch_0034

このような何かしらの条件で状況や行動を変えることを条件分岐と呼びます。

■分岐命令

分岐命令で、必要になるものは「条件」です。
分岐は「○○の時△△する」や「○○ならば××する」のように
何かしらの条件(○○の時、○○ならば)が成立しているときに
専用で処理を行いたい場合に使用します。

scratch_0035

●もし○○なら△△
	「もし○○なら△△」は○○の条件が成立していたら
	ブロックの空白部分に設定した△△の命令を実行する命令です。

	scratch_0036

	上の命令では条件の部分が「スペースキーが押された」になっているので、
	スクリプト起動中にスペースキーが押された場合、
	猫の画像が歩いている画像から走っている画像に切り替わります。

●もし○○なら△△でなければ××
	「もし○○なら△△でなければ××」は○○の条件が成立していたら
	ブロックの上の空白部分に設定した△△を実行し、
	条件が成立していなかったら下の××の命令を実行します。

	scratch_0037

	上の命令では条件の部分が「マウスが押された」になっているので、
	スクリプト起動中にマウスを押している間は条件が成立しているので、
	猫の絵は走っている絵になります。
	逆にマウスが押されていない場合、条件が非成立となるので、
	歩いている絵に変わります。