3D座標概要

■概要

3Dは画面に描画するまでにいくつもの座標変換があり、それぞれに名前がついています。
それらの座標の概要を紹介したいと思います。

■ワールド座標

ワールド座標とは3D空間の世界そのものを表す座標のことです。
グローバル座標、絶対座標とも呼ばれています。
ワールド座標は3D空間の中に一つだけしかありません。
この性質を利用してワールド座標は3Dモデルなどの表示位置(座標)の指標となっています。

gmpg_0001

■ローカル座標

ローカル座標は3D空間(ワールド座標)に配置する3Dモデルなどのオブジェクトが
個々に持っている座標のことでモデル座標とも呼ばれています。
ゲームなどでは3Dモデルはワールド座標に複数配置され、
配置された分だけローカル座標は存在すると考えてください。

gmpg_0002

■ビュー座標

ビュー座標とは3D空間を映し出すためのカメラを原点とした座標のことです。
ビュー座標はカメラ座標とも呼ばれています。
カメラの位置や向きを設定することで画面に映し出される映像が変わります。

gmpg_0003
gmpg_0004

■プロジェクション座標

プロジェクション座標は3Dから2Dに投影するために作成されたクリップ空間の座標のことです。
投影元になる3D座標はカメラからみた3D空間の映像になります。
遠近法のように遠いオブジェクトほど小さくなり、近いオブジェクトほど大きくすることが可能です。

gmpg_0005

■スクリーン座標

スクリーン座標はスクリーン(ウィンドウ)の左上隅または左下隅を原点とした座標のことです。
プロジェクション座標で作成された座標情報を利用し、実際のスクリーンサイズに変換されます。

gmpg_0006