入力 -キーボード、マウス-

■バージョン情報

	5.3.7f1

■キーボード入力

キーボードによる入力はInputクラスの「GetKey」「GetKeyDown」
「GetKeyUp」の3種類を使用することで実装可能です。

●KeyCode
	KeyCodeはGetKey」「GetKeyDown」「GetKeyUp」で使用する共通の引数です。
	実体は列挙型で、キーボードのキー1つ1つが設定されています。
		
		例:
			KeyCode.A => キーボードのA
			KeyCode.Z => キーボードのZ
			KeyCode.LeftArrow => キーボードの←

●GetKey
	戻り値:
		判定したいキーが押されているかどうか

		bool:
			true:押されている
			false:押されていない

	引数:
		KeyCode:
			判定したいキー番号

	内容:
		特定のキーが押されているかどうかを判定してその結果を返します。

	例:
		if (Input.GetKey(KeyCode.A))
		{
			Debug.Log("Aが押されている");
		}

●GetKeyDown
	戻り値:
		判定したいキーが押された瞬間かどうか

		bool:
			true:押した瞬間
			false:その他

	引数:
		KeyCode:
			判定したいキー番号

	内容:
		特定のキーを押した瞬間を判定してその結果を返します。

	例:
		if (Input.GetKey(KeyCode.B))
		{
			Debug.Log("今、Bを押した");
		}

●GetKeyUp
	戻り値:
		判定したいキーを離した瞬間かどうか

		bool:
			true:離した瞬間
			false:その他

	引数:
		KeyCode:
			判定したいキー番号

	内容:
		特定のキーから手が離れた瞬間を判定してその結果を返します。

	例:
		if (Input.GetKey(KeyCode.C))
		{
			Debug.Log("Cから手が離れた");
		}

■マウス入力

マウスによる入力はInputクラスの「GetMouseButton」「GetMouseButtonDown」
「GetMouseButtonUp」の3種類を使用することで実装可能です。

●マウスのボタン
	「GetMouseButton」「GetMouseButtonDown」「GetMouseButtonUp」に指定する共通の引数に
	マウスのボタン位置があります。
	こちらは定数が用意されておらず、0~2までの値を指定します。
			
		0 => 左クリック
		1 => 右クリック
		2 => 中のボタン

●GetMouseButton
	戻り値:
		判定したいボタンがクリック中か

		bool:
			true:クリック中
			false:クリックされていない

	引数:
		int button:
			マウスボタンのID

	内容:
		指定したいマウスのボタンがクリック中かどうかを
		判定してその結果を返します。

	例:
		if (Input.GetMouseButton(0))
		{
			Debug.Log("左クリック中");
		}

●GetMouseButtonDown
	戻り値:
		判定したいボタンがクリックされた瞬間かどうか
		
		bool:
			true:押された瞬間
			false:押された瞬間じゃない

	引数:
		int button:
			マウスボタンのID

	内容:
		指定したいマウスのボタンがクリックされた瞬間かどうかを
		判定してその結果を返します。
	
	例:
		if (Input.GetMouseButtonDown(0))
		{
			Debug.Log("今、左クリックをした");
		}

●GetMouseButtonUp
	戻り値:
		判定したいボタンが離された瞬間か

		bool:
			true:クリックをやめた瞬間
			false:クリックをやめた瞬間

	引数:
		int button:
			マウスボタンのID

	内容:
		指定したいマウスのボタンのクリックをやめた瞬間かどうかを
		判定してその結果を返します。

	例:
		if (Input.GetMouseButtonUp(0))
		{
			Debug.Log("今、左クリックをやめた");
		}

■問題

問題をダウンロードして以下の仕様を実装して下さい。

	・↑を押している間
		ブロックを上に移動

	・↓を押している間
		ブロックを下に移動

	・←を押している間
		ブロックを左に移動

	・→を押している間
		ブロックを右に移動

	・左クリック
		ブロックをY軸に時計周り回転

	・右クリック
		ブロックをY軸に反時計周り回転

解答はここにあります。