RedMine

■RedMine

RedMineとはオープンソースのプロジェクト管理ツールのことです。
プロジェクト内でやるべき作業を記録、管理することでチーム内の情報が共有できます。
SVNやGitなどのリポジトリと連携が可能となっているので、
コミットの履歴やファイル内容の参照も可能です。

●RedMine基本機能
	・チケット
		チケットとは実施すべき作業、修正すべきバグなどの情報を
		記録、管理するための機能です。
		チケットには「題名」「説明」「担当者」「開始日」「期日」などの
		設定ができます。
		このチケットは現実の作業指示書に該当します。
		プロジェクトの関係者全員が行うべき作業をチケット化し、
		進捗状況をきちんと更新することで、作業の進捗状況が
		可視化され、把握しやすくなります。

	・ガンチャート
		ガンチャートとはプロジェクト管理などで使用される工程管理表の一つです。
		RedMineではチケットの開始日と期日に応じた進捗状況が表示され、
		計画と実際の進行状況に差があるのかを視覚的に確認できます。

	・活動
		活動はチケットの登録や更新、リポジトリのコミットなど、
		利用者がRedMine上で行った操作が時系列で表示します。
		チーム全体の動きの把握ができます。

	・ロードマップ
		ロードマップはプロジェクトのマイルストーンに関連付けられた
		チケットの表示とそのチケットの終了の有無が表示されるので、
		直近で行わなければいけない作業が分かります。

	・wiki
		プロジェクト用のwikiの作成が可能となっており、
		wikiにはコーディング手順や、リソースの命名規則、
		仕様書や環境構築方法を記述してチーム全体でルールを共有できます。

●RedMineのメリット
	・作業の明確化
		チケットを作成することで作業の担当、期間、内容が明確になる

	・チームの状況を把握しやすい
		チケットの状況を確認しやすい機能が充実しているので、
		チームの現状を把握しやすくなる

	・情報やドキュメントを管理できる
		チームで必要な情報の共有をwikiなどの機能を使用することで可能となる

	メリットまとめ:
		・チケットを作成することで作業が明確化し、チケットの状況をチーム全体で把握できる
		・チームのルール(コーディングルールやリソースの命名規則等)の
		 共有化が可能なので作業がスムーズに進みやすい

●RedMineの用途の一例:
	・バグ報告と対応状況の管理
		発見されたバグの登録と対応状況の管理を行います。
		他の用途に比べると作業が単純なのでRedMine導入直後の
		機能を覚えるための最初の用途としては最適です。

	・計画の進捗の管理
		プロジェクトの作業を細分化してチケットとしてRedMineに登録しておき、
		各チケットに担当者と期間を設定します。
		そうすれば、自分を含めたメンバーがどのチケットの作業を行うべきか、
		いつ完成するのかが容易に把握できます。
		また、期間つきのチケットはガンチャートに反映されますので、
		計画と実際の進捗状況の差異を確認できます。

	・クライアントからの問い合わせの管理
		クライアントの問い合わせをRedMineに登録しておけば
		その問い合わせの対応が、どの程度完了しているかを記録することができます。